ハンドファーストで打っちゃダメなの?下半身手動イメージによる結果のズレと勘違い。

ハンドファーストや下半身主導スイングの勘違い?

ハンドファーストでインパクト!
下半身主導で動き出せ!

こんなレッスン内容はよくあると思いますが、これって単なる結果であって、その結果を導き出すために大切な動きのポイントでは無いんですよね、実は。

アマチュアがハンドファーストを意識したらどうなるのか。
アマチュアが下半身主導を意識してるとどうなってるのか。

今回の動画でよくわかると思います。

森守洋の、改めてダウンブローの解説動画

 

 

重要ポイントまとめ

・ボールを真横から捉える意識を持つと、フェースターンが出来ない。
この動きが腕を横に使うという悪しき習慣の元。
腕を下へリリースする過程でフェースターンが起こるという現象を体感し、癖付けることが大事です。

・ハンドファーストを意識しすぎた間違った練習をするとこうなる
1
正しく右サイドで仕事した結果としてハンドファーストダウンブローで打てるのであって、ハンドファーストのインパクトを始めから意識してはダメ。
右腕をしっかりと下に開放した結果として左腕はハンドファーストに勝手になっているのが正しい。

・下半身手動は結果としての正解であって、意識してやるべきことではない。

上半身の力(右腕の力)を下方向に開放するという運動を行った際に勝手に下半身が動くという状態が望ましいのです。
世界のトッププロのスロー動画などを見てもらえるとわかると思いますが、必ずと言っていいほど上半身は沈み込み、下半身は跳ね上がる動きになっています。
上半身は下へ、下半身は上へ・・・
これが最も効率的にクラブを使う動きなわけです。

まとめ

動画の最後で瓦割りの例を出されていましたが、ダウンブロースイングもハンドファーストのインパクトも、これらは右サイドで正しい仕事をした結果として得られているだけです。

ゴルフはインパクトまでが全てだと思います。

ボールを打った後にこうなるようにしましょう・・・なんて全く意味の無い練習です。
ボールを打った後に何か頑張ったところで無意味すぎますからね^^;

意識するべき全ては右サイドで何をやったかです。

腰の動きや顔の向きなどは最初は上手く行かないと思うので、まずは極端にやってみるというのが大事です。

ボールが何処にとんでもいいので、まずはこの腕の振りを意識してやってみると良いと思いますよ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る