森守洋流のダウンブローで高い球、低い球を打ち分ける方法。

出球の高低コントロールが出来ればリカバリーが上手くなる

ある程度通常のショットが打てるようになってくれば、
それと並行して出球のコントロールの練習もしていくのが理想の練習方です。

インテンショナルスライス・フックに関してもそうなのですが、
どう打てばどんな球筋になるのか?というのが理解出来れば、必然的にどうすれば真っ直ぐ打てるのかもわかってくるのです。

こう打てばスライス、こう打てばフック、こうすれば高い球、これで低い球。

それぞれの体の使い方を理解していれば、
真っ直ぐフルショットのつもりで打って想像と違う球筋になった時に”何故違ったのか?”ということが理解できるからです。

ひたすら真っ直ぐフルショットしか練習していないと、自分の中でのいい球かそうじゃないかの2通りの感覚しか養うことは出来ません。

球筋のコントロールというのはリカバリーショットでも役に立ちますが、
それ以前に自分のスイングのクセを再度見直すきっかけにもなるはずですよ。

スポンサードリンク

ダウンブローで捉えつつ、高い球を打つ方法

 

重要ポイントまとめ

・基本的に構え方もボール位置も普段と一緒。変えるのは肩のイメージ。

・通常のスイングよりも、右肩を止めるイメージで振り抜くこと。

・右肩を止めることでフォローも高くなる。森守洋プロのスイングを練習していると、通常ショットからもこの状態になっている人も多いはず。通常ショットの場合は右肩(右腕)をしっかりと回旋させて押し込むイメージを持つといいでしょう。

 

ダウンブローで捉えつつ、低い球を打つ方法

 

 

重要ポイントまとめ

・低い球を打つ時に、右足前にボールを置いてロフトを立たせてぶつけて終わり・・・というのは他のスイングと別物スイングなので好ましく無い。また、振り切れないので距離も出せない。

・腕をしっかりと回旋させて、フォローでは低く遠くに腕を持っていくイメージを持つ。
ハンドファーストの形が強くなり、ロフトを立てることで出球が低くでる・・・というのがどのスイングでも基本の考え。

1

上画像のように、右足かかとは絶対に浮かせないのが理想です。
右足のくるぶしを地面につけるくらいのイメージで下半身を動かしていきましょう。

このイメージはフルショットでも何でも一緒です。
右足かかとは体の内側に動いて当然というのがゴルフスイングです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る