ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

ゴルフ前倒し

このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる!

そんなページを作ってみようと思いました。

この動画も参考になるよ!ってのがあれば、気軽にコメント頂ければと思います。

さてさて、表題にある「前倒し」というキーワードについて調べられている方なら既にご存知かもしれませんが、
私的にこのキーワードは「WGSL」が広めたのではないかと考えております。

悪しき日本風ボディターンスイングではなく、
世界標準のベタ足欧米式スイングを日本ゴルフ界に広く普及させたいというWGSLの動画公開の理念は本当に素晴らしいと思っております。

私自身もレッスン動画のまとめサイトという形式ではありますが、
世のアマチュアゴルファーがこの世界標準のベタ足スイングに興味を持ち、
そしてその素晴らしいゴルフスイングを手に入れられるお手伝いが出来ればと考えております。

ベタ足スイングで綺麗なドローボールが飛ばせるようになるために、
是非とも当サイトを通して色々と学んで頂ければと思います。

 

ではまずこの欧米式スイングを習得するための大前提として、
この「前倒し」について深く理解しておかなければなりません。

ということで今回の記事では、
WGSL以外にも様々なレッスンプロが解説している「前倒し」についてをまとめてみました。

 

「前倒し」を流行らせた「WGSL」の推奨するゴルフスイングとは?

出典:WGSL様 Youtubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCBq9-YfczJw4kDBdtCPs8kg

動画について

おそらくこの記事をご覧の方なら一度は見たことがあるかもしれませんね。

私の記事でも何度か解説したことがあるのですが、
ゴルフスイングというのは「右足がベタ足になって当たり前」という状態が望ましいのです。

これは、人間の身体の構造的に”自然な動き”であり、
右膝が前に出るだとか右かかとがめくれ上がるなんてことは、本来人間の持つ力を十分にボールに伝えられていない証拠なのです。

“地面反力”を使う・・・なんてことも言ったりしますが、
マキロイ等のスイングを見てみると、インパクトにかけてしっかりと右足が伸びあがりますよね。

その動きに伴って上半身の前傾が若干深くなっていきます。

重力を使うために上半身は下方向に力を使い、地面反力を使うために下半身は上方向へと力をつかうこと。

このアクションこそが、正しくボールに力を伝えられるスイングの形であるわけです。

そしてこのアクションが自然と起こるためにはどうすればいいのか?と考えた場合、
まずは右サイドでどんな仕事をするか?ということを覚えるべきなのです。

この右サイドでの仕事という意味で大事なキーワードがずばり「前倒し」であるわけです。

しっかりと前倒しのアクションが出来れば、
下半身や上半身の動きは勝手に理想的な動きになる・・・ということでもあります。

ということは、欧米式のベタ足スイングを習得するためにまずは前倒しスイングが出来なければいけないというわけですね。

 

しかしこの前倒しというのはWGSLが言っているだけで、
他のプロたちはまた違った言い回しで解説されていたりします。

なのでアマチュアの間では様々な誤解や混乱が生まれています。

WGSLはレッスン動画ではないので謎が多いですからね^^;
では次の動画で、「前倒し」とはなんぞやっていうのをわかりやすく解説してある動画を紹介します。

 

これが前倒しの秘密。クラブの構造と重力を利用するために前倒しが必要

出典:ゴルキチ様 Youtubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCO-Le7zRH–MjH3-WPH34hg

動画について

こちらの動画も既にご存知の方も多いと思いますね。

この動画の内容を簡単にまとめると、
ゴルフクラブは構造上、フェース面とは反対方向に回りたがる性質(フェースが開く)を持っている。
なので真っ直ぐ振るようにクラブを下ろしてくると、ボールとのインパクトの衝撃によって構造的に開きたがっているものが更に開きやすくなる。
だからどれだけ頑張ってもインパクトの瞬間にフェースが開き、フェードかスライスしか打てない。

だからこそしっかりとフェースをターンさせることが大事。

ということです。

ついでにこちらの動画も見てください。

まさにボールをフェースの先端で突くようなイメージがあるのだとわかると思います。

ボールにフェースの正面を当てるのではなく、インパクトの瞬間では既にフェースが思いっきりかぶさって先端で突くようなイメージ。

これこそが前倒しスイングの根底にあるアクションイメージとなります。

シャフトの軸回転。
つまり”トルク”を使う・・・ということですね。

こうしたクラブの構造上の考えやフェースターンの動きなどは、後述する武市悦宏プロや森守洋プロも常に言っている内容になります。

 

ダウンブローの第一人者「森守洋」による前倒し

レッスンプロとして有名な森守洋プロですが、WGSLでも推奨プロとしてあげられています。

森プロ流のゴルフ理論においては、
「前腕の旋回によるフェースターン」という考えがスイングの鍵になっています。

動画について

しっかりと腕を下に開放することで自然なフェースターンが起こり、
そのフェースの回転の中で球を掴まえることで力強い球を打つことができる。

これが森プロの教えの根底にあるものになります。
WGSLの動画を良く見ている方なら「肘下フル旋回」っていう言葉を目にしたことがあると思いますが、
これこそが森プロの解説している「前腕の回旋」になるわけです。

右サイドで仕事する「前倒し」理論に通ずるアクションになっているので、森プロのレッスン動画は必見です。

当サイトでは森プロのレッスン動画を解説付きでまとめているので、こちらも参考にされてください。

森守洋のレッスン動画記事一覧

 

武市悦宏の教える前倒しスイングの考え方

こちらは雑巾王子こと武市悦宏プロによる解説です。

武市プロは単純に「腕(手)を返せ」という言い方をされています。

単純明快な教えを心がけているのだと思いますが、
武市プロの本来言いたい「手を返せ」というニュアンスと、アマがそこから勘違いしてやってしまう「手首をこねる」とでは全く違うアクションであるということを理解しておかなければなりません。

手首は縦の運動が基本であり、左手の甲側に手首が折れてしまうような動きというのは「しゃくる動き」というものです。

手首返すと考えるとこの「しゃくる動き」になる人が多く、
また極端な「アウトサイドイン」軌道になる人がとても多いです。

そのあたりの内容で参考になることを言っている動画があるので、是非こちらもご覧ください。

出典:OlympicCoLtdJp様 チャンネルURL:https://www.youtube.com/user/OlympicCoLtdJp
※動画の35分頃から重要ポイント

身体の正面で手を返して(フェースターン)でボールを捉えましょうという話です。

また、後半の質問で「手を返したらアウトサイドインにならないか?」という観覧者さんからの質問が出てくるので、
武市プロがどういう解説をしているのかも見ておきましょう。

 

武市プロはよく「車のハンドルを左にきる動き」という表現を使いますが、これこそが「前倒し」の動きになるわけです。

前倒し

 

「前倒し」という言葉について言及している動画もあるので、こちらも見ておきましょう。


出典:CRゴルフ様 チャンネルURL:https://www.youtube.com/user/CRGOLFtube
※動画内18分頃からの質問コーナーで「最近ネットで前倒しというものをよく見るのですが・・・」という質問が飛び出します。

やはりみなさん気になっているのですね^^

 

桑田泉の右向いて手打ちしろ

動画について

クォーター理論で有名な桑田泉プロです。

あの桑田真澄投手の弟さんであり、悪しき日本風ボディターンスイング理論に警鐘を鳴らし続けている方です。
桑田プロは「右向いて手打ちしろ」なんて表現を使っていますが、これも「前倒し」なわけです。

少し長いですが、頑張って見ておきましょう。

何故前倒しが必要なのか。

前倒しってどんなアクションなのか。

ここまでの動画を通してなんとなく理解出来たのではないでしょうか。

実際に出来るかどうかは置いておいて・・・(笑

 

一般ゴルファー部門

一般ゴルファーの方ですが、このクォーター理論を研究されて動画をアップされている方もいらっしゃいます。

埋め込み動画としては再生することが出来ないのでURLでの紹介になりますが、
この方の動画も非常に参考になるので是非ご覧下さい。

1

seonpapa様 チャンネルURL:https://www.youtube.com/user/seonpapa

 

上記seonpapa様のお弟子さんなのですが、こちらも前倒しスイングに取り組んでいらっしゃる動画チャンネルになります。

ゴルフ戦記 mozu様 チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCIBK7Z_ODU5EfpffN_7yKGw

他にも前倒しの参考になりそうな動画が多くアップされているので、要チェックですね。
素人目線から詳しく分析して自分の中で落とし込んでいるので、アマチュアゴルファーにとっては参考になるかもしれません。

mozu君とseonpapaさんの共同企画なども行っているようなので、興味がある方はチェックされてみると良いかもしれません。

共同企画の詳細

 

前倒しと普通のスイングの違いを解説

出典:score personal golf lesson 新井淳様 チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UC8R_yU_mJRb6BBKbO4U8FWw

動画について

2重振り子理論を提唱されている新井プロによる前倒しの解説です。

ぶっちゃけた話、こんなアクションしたらボールなんて打てないじゃないか!なんて思う人は多いですよね。
前倒しの解説

実際の所、前倒しというのは”イメージ”であって、バカ正直に切り返しの頂点でそのまま腕をひっくり返すわけではありません。

じゃぁなぜ前倒しが必要なのかと言えば、
「フェースターンをさせてボールを掴まえて打つためには、インパクトの瞬間のフェースターンの意識では到底間に合わないから」

というものがあります。

身体を止めた状態で上記写真のような状態になるようなイメージこそが、
普通に早く振った時にちょうどよく真っ直ぐ身体の正面でインパクトを迎えられるようになるわけです。

ボールにフェースを真っ直ぐ当てに行こうなんて思っていると、100%振り遅れます。

0コンマ何秒のスピードでスイングをするわけなので、これくらい極端にアームローテションが出来なければ間に合わないのです。

シャフトのしなりの関係もあるため、こうした前倒しの腕のアクションは必須なのですね。

 

また、ボールに効率よく力を伝えるためには遠心力が必要です。
そのためには「ムチ」のような力の伝わりかたが最適であって、そのためにはヘッドを走らせるアクションが重要になってきます。

その要素として、グリップ側の速度を遅らせてヘッドを走らせるというアクションが必要なのですが、
それを達成するために「前倒し」というアクションが必要になるわけですね。

正しく腕を使う=前倒し であって、前倒しが出来るからこそのボディターンスイングなわけです。
正しい腕の使い方を理解し、理想的なゴルフスイングを手に入れられるようになりましょうね^^

ちなみに私はFujun君が推しメンです(笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたの「前倒し」についての疑問や謎が解決出来れば幸いでございます。

結局前倒しというのは欧米式スイングを習得するために必要なアクションの一つに過ぎないわけですが、
このフェースターンをさせるという考え方は常に意識して練習していくべきだと思います。

当ブログでもこれから「欧米式スイング」習得の参考になる動画を解説付きで記事にしていく予定なので、
今後は私のブログもお役に立てていただければと思います。

 

余談ですが、前倒しやべた足といった欧米式スイングを早急にマスターする方法があります。

Youtube動画を見て普段の練習に活かすのも大事ですが、
やはりそれ専用の教材を手に入れるメリットは計り知れないものがありますのでおすすめします。

個人的なレビューも書いたので、よかったら参考にしてください。
↓↓
森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾 レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る