100切りしたい初心者の為のグリーン周りアプローチはコレ!上げるよりも転がそう!

練習場ではある程度アイアンがまっすぐ飛ぶようになってきた初心者にとって取り組むべき課題は3つあると思います。

一つはティーショット。
そしてティーショットより大事なアプローチとパターです。

ティーショットに関してはここでは解説しませんが、初心者ほどドライバーは握らない方が懸命なのは言うまでもありません。
5Wやユーティリティなどをアイアンの延長として練習しておけば十分ティーショットで活躍できます。

初心者ほどアプローチやパターよりもドライバーの練習ばかりしてしまいがちですが、
結局スコアを出すために大切なのはショートゲームなのだと気づく時が必ずやってきます。

気づける時まで放置するのか、100切り出来る楽しいゴルフのために大事なことを練習するのか。

それは貴方次第なのですが、この記事を読んでいる貴方は既にアプローチの大切さに気づいていることでしょう。

 

今回の記事ではグリーン周りのアプローチについてです。

ひとまずこちらの動画を御覧ください。

ウェッジで上げるアプローチについて

 

どうでしょうか。

簡単そうに見えますが、私はこのアプローチの方法をあまりおすすめしません。

プロのようにふわっと上げて止めるウェッジを使ったアプローチはカッコイイですが、
実際難易度は高いです。

なぜなら、腰の高さまでクラブを上げて下ろすという動作がそもそも初心者にとっては難しいからです。

普段からアイアンのフルスイングを練習している人にとって、「ハーフスイング」というものは中々難しいです。

“ビジネスゾーン”とも呼ばれるこの腰から腰のスイングを、日々の練習として取り組んでいる方であっても、
安定して100を切れない実力の人間で、自信を持ってウェッジのアプローチで使える人というのは中々いません。

ウェッジを使って球を上げること。

これは砲台グリーンなど、「どうしても上げなくてはならない時」を除いては初心者はやるべきでは無いと私は考えます。

特に、ウェッジという道具の使い方(バンスを使う)がわからない初心者であるなら、
ウェッジでのハーフスイングはトップやザックリといったミスが多発します。

恐らく多くの方が、グリーン周りでトップして行ったり来たりといった経験をしたはずです。

こうしたわかりやすいミスを防ぐためにはどうすればいいでしょうか。

答えは簡単で、「ランニングアプローチ」にすればいいのです。

 

ウェッジを使ってふわっと上げるアプローチではなく、ロフトの立っているクラブで「転がして」寄せるのです。

フェアウェイ花道などから50ヤード近くあるアプローチでも、PWや9番を使うことで転がすアプローチが可能になります。

この「ランニングアプローチ」を覚えると本当にゴルフが楽になるので、是非とも習得してもらいたいと思います。

 

なぜウェッジを使うアプローチよりも、PWやショートアイアンを使ったアプローチの方が簡単なのか。

それは、クラブの構造上の問題があります。

 

ウェッジはアイアンよりもロフトが寝ているためにクラブのリーディングエッジ、
つまり歯の部分がどうしても先にボールに当ってしまいやすくなりますよね。

それを避けてフェースを当てにいくと、こんどはエッジが地面に刺さるザックリが起こります。

これが初心者が絶対と言っていいほどやってしまうミスの要因です。
これを簡単に防ぐには、ロフトの立っているアイアンで直接フェースにボールを当てればいいのです。

ロフトが立っているということは、ほんのすこしの振り幅でたくさん転がっていくわけです。

ウェッジのように腰の高さまで上げる必要もありません。

ということは、それだけミスの確立が少なくなるということです。

 

番手を変えるだけで距離も調節することができます。

元々の振り幅が小さいので、
クラブコントロールも用容易になってトップやザックリのミスはほとんど起こりませんし、仮にトップしても被害は最小限です。

良いことずくめですよね!?

ということで、下の動画を見て是非ともランニングアプローチの練習をしてみてください。

 

これで簡単に寄せられるランニングアプローチ

重要ポイントまとめ

芝をやさしくなぞるような意識でクラブを扱いましょう。
上から叩くようなイメージはNGです。

手を使わずに、胸の動きと腕を連動させ、クラブの重みを感じながらゆったりとスイングするのが大切です。
クラブを上げた後にクラブが勝手に戻ろうとする感覚を持てるようになるといいですね。

振り子を意識してやってみるといいと思います。

また、クラブを上げる時にインサイドにクラブヘッドを上げないようにしてください。

飛球線後方に向けてスッと上げて、リズムよく戻すだけでクリーンにヒットさせることが出来ますよ。
100を切るために絶対にやってはいけないのが、グリーン周りでトップしてOBや反対側のバンカーに入れるということ。

せっかくグリーン周りにたどり着けても、これじゃあ台無しですおね。

いかに確立の高いことをやるか。

これを常に考えてコースを回れば、100切りなんてすぐそこですよ!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る