シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。

1

これですねコレ。

トップで順しなりしたシャフトが、インパクトに掛けて逆撓りをすることで効率的にボールに力を伝えられるというアレです。

 

ボールが飛ばなかったりいつもプッシュスライスの人はどうなっているのかというと、
順しなりのままインパクトを迎えているわけです。

2

上記画像は武市悦宏プロの解説ですが、
「手を使わずにボディターンでハンドファーストのインパクト!」なんて意識してやってる人は大体こうなってしまっているわけです。

これじゃぁエネルギーが上手く伝わらずにボールは飛びません。

ではまず、シャフトのしなりで飛ばすとは何なのかについて武市プロの動画を紹介しておきます。

スポンサードリンク

飛ばすには逆しなりを知っておこう

 

逆撓りをさせるためにはどうすればよいのか?と色々と検索していると、
「手元を止める」という解説がよく出てくると思います。

上記の動画でも手元を止めればいいなんて解説がされていますよね。

でも実際のゴルフスイングでは、手元を止めることはありません。

手元を止めてるように見えるプロなんて見たことないですよね^^;

でもプロのスイングは、シャフトがしっかりと逆撓りしています。

 

これはどういうことかというと、

「手元を止めるのではなく、インパクトにかけて手元が”減速”している」というのが正しいスイングアクションだということです。

 

しかもやっている本人は、インパクトにかけて手元を減速させる意識は持っていないはずです。
少なくとも私は持っていませんし、
この手元の減速は正しいアクションの結果として勝手に起こっている現象だと捉えています。

また、スイングという一瞬の流れの中で実際に逆撓りを感じることはほとんどありません。

ドライバーなどのカーボンシャフトならまだしも、
アイアンのスチールシャフトなどでは”逆撓りを実際に感じる”というのはプロでもいないのではないでしょうか。

ところが、初心者アマは逆撓りさせなきゃという意識だけが先行し、「そのために大事なこと」を見失ってしまっています。

 

だから何よりも大事なことは、
「逆撓りを感じるスイングを目指す」ということよりも「シャフトがインパクトで”勝手に”逆撓りする理想のスイング」を練習することでは無いでしょうか。

 

最近ではグニャグニャシャフトの練習器具などもあります。
それを使ってわざと手元を減速させて逆撓りを見ることは出来るかもしれませんが、
その練習器具を買えばスイングがよくなるのかと言えば、少し疑問に思う所があるわけです。

結局のところ正しいスイングを理解出来ていなければ、そのグニャグニャシャフトで綺麗なボールを打つことはいつまでたっても出来ません。

更に、シャフトは柔らかいと飛ばない、曲がる・・・なんて思っている人もいますが、
それは正しくシャフトを使って打てるスイングが出来ていないからこそな考えなわけです。

 

シャフトの硬さはLでもXでも真っ直ぐ飛ばせる


シャフトの逆撓りが出来るようになれば飛ぶようになる!

と安易に考える人も多いですが、
「シャフトは逆にしなって当たり前のスイング」を身に着けない限りは何も変わらないわけです。

私はアイアンシャフトはDGを愛用していますが、iphoneの動画撮影レベルでもしっかりと逆撓りしているのが確認できます。

しかし私は逆撓りさせようとしてわざと手元を止めるとか、そんな意識でスイングはしていません。
これは誰でも一緒だと思います。

「あ、シャフトが逆撓りしてる!」みたいな感覚は微塵もありません。

ただ、インパクトでボールを押してる感覚はあります。
これが逆撓りでボールを押す感覚なのかもしれませんが、これはただの結果に過ぎません。

じゃぁこの結果を得るためにはどうすればいいのか。

それこそが、私がこのブログで幾度も推奨しているベタ足の欧米式スイングなのだと思います。

このスイングが出来るようになれば、勝手にインパクトに掛けて手元は減速していきます。

手元が減速すれば、相対的にヘッドが走り、シャフトが勝手に逆撓りをするのです。

c0342176_18434490

画像引用:http://scoregolf.exblog.jp/24995709/

このように最近流行りのM-tracerを使うことで、数値として確認することも可能になります。

ナチュラルアンコックの数値が高いスイングが出来れば、それはシャフトの逆撓りで飛ばせるということです。

このように実際に数値として確認していくことで、普段の練習の質は格段に上がりますので、
余裕があればM-Tracerは導入しておくとよいです。

最高のおもちゃになることは保証します(笑

冗談抜きに、その辺のレッスンに通うよりはよっぽどためになるはずですよ。

 

 

画像引用元のスコアパーソナルゴルフさんのブログでは、
M-tracerのナチュラルアンコックを上げるための動画解説などもされています。

こちらも参考になるかと思うので紹介しておきます。

ナチュラルアンコックを上げる方法


個人的に大事だと思っているポイントがこの動画にもあるのですが、それは手元の力を入れるポイントです。

動画内でも解説されていますが、切り返しから振り下ろすポイント=手元のMAXスピードであり、その一瞬しか力を入れていません。

多くの人はインパクトで力を入れてしまうがために、
手元がインパクトで最速になって結果としてヘッドに力が伝わらないという結果になっています。

重さのあるものを上げた後に、それを引き落とす一瞬にさえ力を入れてしまえば、
後は物体の重さと遠心力の力で勝手に大きなインパクトを迎えるのだということを理解しておかなければなりません。

 

とりあえず難しいことは考えず、
正しいスイングアクションが出来れば勝手にシャフトは逆撓りするのだということを覚えておきましょう。

決して、ぐにゃぐにゃシャフトを使って練習すれば勝手に出来る様になるというわけではありませんからね。

理想の欧米式スイング習得のためにも、まずは前倒しスイングを理解して練習していきましょう。

↓↓
ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!

美しいメジャーのスイングを短期間で手に入れる方法もおすすめします。
↓↓
憧れのメジャースイングを習得出来る方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る