ゴルフ理想のタメの作り方と練習ドリル!タメが出来れば飛距離は伸びる!?ハーフスイングでしっかり練習!

タメは自然と作られるものであるということ

ある程度のゴルフスイングが出来だしてくると、
「プロのようなタメの効いたスイングってどうやるんだろう?」という所に興味が行くと思います。

この“タメ”というのは何なのかというと、これは色々な表現がされているのですが、
「クラブが背中に巻き付いて降りてくる」だとか、「クラブが立ったまま降りてくる」「クラブの自由落下」だなんて言われていたりしますね。

まぁ分かりやすく画像で見ると、ダウンスイングにおけるこのような状態のことですね。

ダウンスイングでこのようにクラブと手が身体に近い所を通ると何が起こるのかというと、単純に早く身体をまわすことが可能になります。

自分がその場で回転する時に、手を身体に付けた状態と、手を左右に大きく広げた状態では回転出来るスピードが全然違いますよね?
フィギュアスケートのジャンプで両手を広げて回ってる人を見たことありませんよね?

早く回ればヘッドスピードはあがりますし、
身体に近いところをクラブが通ることによって、クラブの軌道もインサイドから下ろすことが可能になります。

タメを作れる=インサイドからクラブを振ることが出来る です。

これでスライスになるのであれば、それはフェースローテーションが出来ていない=腕が振れていない という状況です。

つまり前倒しのアクションが出来ていないということですね。

前倒しについては、他の記事で散々解説してあるのでそちらもよく見てもらえればと思います。

 

多くのアマチュアや初心者というのは、このようなアーリーリリースになってしまいがちです。

クラブがアウトサイドインの軌道になってスライスを打っている人というのは、程度は違えどほぼこの状態になってしまっているわけです。

クラブを早くリリースしてしまえば、
それだけ身体の回転速度も落ち、ダフりの原因にもなり、手を使ってボールを捕まえに行くので典型的な悪い手打ちスイングになってしまいます。

そうならないためにも、理想的なクラブの使い方、
つまりタメの効いたスイングというものを練習してもらえればと思います。

 

ということで、今回はゴルフスイングにおけるタメの考え方と、その練習方法についてです。

 

タメを作るコツはは右手の使い方にある

 

重要ポイントまとめ

・右手を握る動作によってクラブを振るのでは無いということを理解する

タメというのは、クラブが上に上昇していく途中でクラブを下へ下ろそうとする力を作る勢いによって手首の角度が急になるアクションのこと。
指の力をゆるめてクラブを寝かせる動作を起こすのではないということに注意。

あくまでも、クラブが上に向かう勢いと腕が下に向かう勢いとのぶつかり合いの中で自然と生まれるべきものであるということです。
これが腕や指をバネやムチのように使うということに繋がり、手首や腕、そしてシャフトの理想的なしなりを生むことになるわけです。

 

吉田一尊流タメを作る練習ドリル

下半身の切り返しの動作に伴って腕とシャフトがしなる感覚を養うことが大事です。

 

ハーフスイングでもタメを意識することで綺麗なスイングになる

もう一つ違う講師の方の動画を紹介しておきます。

こちらはアイアンを使ったハーフスイングについて解説されていますが、
効率的なクラブの運動について非常にわかりやすい動画になっていると思います。

ハーフスイングと言えば、腕を固めてコックも入れずに身体の回転だけで打つようなスイングをする人が多いですが、
ここに今回のタメの概念を入れることで、「ダフり・トップ」などの典型的なハーフスイングでのミスというものを減らすことが出来るはずです。

インパクトにおける腕の力の使い方、クラブの使い方についての考え方などに注目して御覧ください。

吉田一尊プロとはまた違った視点で見ることが出来ると思います。

 

 

いかがでしたでしょうか。

タメの効いたプロのような美しいスイングというものは一長一短で身につくものではありませんが、
コツコツと練習を重ねることで自然と身についてくるはずです。

今回の動画で紹介されていた練習ドリルも、是非普段の練習に取り入れてみてくださいね。

ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る