ドライバーのインパクトで身体が開いて振り遅れる人におすすめしたい練習方法とは?

ドライバーで振り遅れてスライスしか打てない原因はクラブにあった!?

最近のドライバーのヘッドは昔のドライバーと比べて体積も大きく、重心距離も長くなっています。
その結果何が起こるのかというと、重心が外にある分ヘッドの返りが遅くなるわけです。

しかし、こうした重心距離の長いドライバーヘッドをちゃんと使いこなすことが出来れば、
昔では考えられないほどの飛距離を簡単に得ることが出来るようになるわけです。

重心距離の長いヘッドが生み出す大きな遠心力は、必然的に大きなパワーを生みます。
クラブの力を借りることで、大きな飛距離を出すことが出来るのです。

しかし、ほとんどの方はこのクラブの性能を最大限発揮させられるスイングが出来ていないと思われます。

クラブを気持ちよく振ったら右に飛ぶというのであれば、今回紹介する動画で解説されているアクションを参考にされてください。

ボールが右に飛ぶ原因の多くは、インパクト時における身体(肩)の開きです。

自分のイメージでは身体の正面でインパクトしているつもりでも、
実際に映像で撮ってみるとしっかり身体が開いている(右肩が落ちる)のがわかると思います。

まずはそイメージと結果のズレが生じているということを理解して下さい。
ではインパクトにおける身体の開きを押さえながら、クラブの特性を最大限に活かすためにはどのようなアクションが必要なのでしょうか?

 

右向いたままヘッドを走らせればインパクトでは真っ直ぐ当たる

 

重要ポイントまとめ

今回の動画で紹介されているアクションは、タイガーやマキロイを始めとした世界トップクラスのツアープロのアクションと同じものです。

トップにかけて左足拇指球に向けて踏み込み(右向いたまま頭動かさずに腰だけスライド=バンプアクション)、そのまま右足の前でヘッドを走らせることが出来れば、ヘッドは丁度真っ直ぐボールにコンタクト出来ます。

また、この左足に踏み込むアクションによってタメを作ることが出来ればスイングは更に理想的なものに仕上がってくるはずです。
ゴルフ理想のタメの作り方と練習ドリル

この左足拇指球めがけて踏み込んで蹴るというアクションは非常に重要なアクションですが、下手にやるとスエーの原因にもなるので気をつけてください。

この動作を行っても軸がぶれないような足腰を作ること。
これもまた大事な要素なのかもしれませんね。

ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る