インパクトでの身体の起き上がり、ヘッドアップを防ぐ!効果的な下半身の使い方

インパクトで両足が伸びるのは当たり前?

PGAツアーで活躍する女子プロに多く見受られますが、
インパクトに掛けて両足が伸び上がるような動きをするアクションを見たことがないでしょうか?

レクシー・トンプソン等のスイングを見ればそれは顕著にわかると思いますが、
インパクトにかけて両足を伸ばしてまるで飛び上がるようなアクションが見て取れると思います。

実はこのアクションこそが、前傾姿勢を保ち効率的にヘッドへと力を使えられる下半身の動きへとつながっています。

以前他の記事でも解説していますが、
クラブへ効率的に力を伝えるためには「上半身は上から下へ、下半身は下から上へ」と力を使うことが大切です。

重力と地面反力を使うということですね。

今回の動画内では「足で蹴る力を上に使うのではなく、後ろに使う」という表現がされていますが、
これは上と下からの力をスイングプレーンである斜めの方向へと転換するイメージを持てばいいかと思います。

インパクトでヘッドアップして身体が起き上がってしまう人というのは、この上から下への力が上手く伝えられていない状態なわけです。

右足が前に出てしまい、身体の回転が先行して起き上がってしまうと、振り遅れ等の様々なミスの要因となってしまいます。

ということで、
今回はレクシー・トンプソンのような下半身を伸ばすアクションを取り入れる意味がわかり、
下半身を使うことで前傾が深くなる感覚が養えるドリルを紹介します。

 

インパクトで両足の伸ばすアクションドリルでヘッドアップを抑制

 

下半身で足が伸びる分、むしろ前傾は深くならなければいけません。

タイガー等のスイングを見ればわかるかもしれませんが、
インパクトにかけて上半身が深く沈み込むようなアクションが見られますよね。

本来はこの沈み込みは無い方が安定しますし、最近のタイガーもこの沈み込みのアクションは少なくなっています。

ただ、どうしてもインパクトで身体が起き上がってしまう人であれば、今回紹介するドリルを実践すると同時に、インパクトにかけて前傾を深くするくらいのイメージで取り組んでみると良いかもしれません。。

是非試してみて下さい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る