【スライサー必見】誰でも簡単にドライバーの飛距離をアップさせる簡単イメージとは?

ゴルフのスイング時のイメージというのは人それぞれだと思いますが、今回はドライバーのスライスに悩む方にとって参考になりそうなスイングイメージを紹介させていただきたいと思います。

まず、ゴルフスイングで大事なのは、身体の正面でインパクトを迎えるということです。

これはどんなクラブを振るにしても同じで、インパクトの時に既に身体が飛球線の方へ向いてしまっていては、クラブヘッドは開いてスライスしたり、変な所に当たって飛距離ロスにもつながります。

そこでまず一番大事なのは、身体の正面でインパクトを迎えることです。

これだけは覚えておきましょう。

 

ではどうすれば身体の正面でインパクトを迎えられるのでしょうか?

ここが一番難しい所で、クラブを振ってボールに当てようとスイングをすると、ほとんどのアマチュアの方はインパクトの前に身体が開きます。

身体が開くというのは、右肩が前に出て胸が飛球線方向に向いているという状態ですね。

 

スライスしか打てないという方は、一度スマホのカメラなどでご自身のスイングを撮影されてみると良いと思います。

どれだけ正面インパクトを意識しても、身体は開いてインパクトしてしまうはずなので。

 

なので、この自分の中のイメージ(身体は開かない)と結果(身体が開く)を踏まえて、自分の中のイメージを強制していかなければなりませんよね。

そのイメージとして持つべきなのが、当ブログで何度も紹介している「前倒し」というイメージになるわけですね。

今回はこの「前倒し」とは少し違うイメージで解説されている動画があるので紹介したいと思います。

 

 

ポイントは「身体の正面でのインパクト」と、「右わき腹へグリップエンドを突き刺すイメージ」です。

グリップエンドを右わき腹へ突き刺すイメージを持つと、手を飛球線方向に引いてしまうイメージを持つかもしれませんが、これはまた間違いなので気を付けてくださいね^^;

武市プロが言っている「右わき腹へグリップエンドを突き刺すイメージ」というのも、「前倒し」と同じですから。

大事なのは、腕をしっかりと返してフェースターンを起こすということです。

まずはこの動画に出ている女性のように、ドローボールかフックボールが打てれば、まずはちゃんとフェースターンが出来ているということになるので、是非練習場で試してみてくださいね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になったらランキングバナー押してもらえると嬉しいです!!










その辺のスクール通うくらいなら、下のDVD買ったほうが絶対いいです。
そう言える理由はこちらから 森守洋教材

関連記事

おすすめ記事

  1. 前倒し、腕を返す・・・ そんなことをしたら左に引っ掛けるし、飛ばないだろ? 右肘絞って、タメを作…
  2. 初心者ゴルファーは手打ちを極めるべき よくゴルフ雑誌などで 「理想のスイングとはボディターンス…
  3. ドラコン帝王による飛距離アップのためのスイング理論 安楽拓也といえば公式最長飛距離404Yという驚…

ブログランキング応援お願いします^^


ピックアップ記事

  1. 【危険?】藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラムを実践する価値はあるか?特典付き

    誰でも簡単に神業アプローチを習得する方法とは? ゴルフはどれだけ綺麗で美しいスイングが出来るかでは…
  2. シャフトの逆撓りで飛ばす方法?しなりを体感するための練習器具は必要なのか。

    ここの所ネットや雑誌でよく見る「シャフトのしなりで飛ばす」というキーワード。 これです…
  3. ゴルフ「前倒し」の意味と練習方法の全てがわかる情報をまとめました!WGSL,桑田泉,武市悦宏,森守洋

    このページで前倒しの意味、そしてそのアクションの重要性、練習方法の全てがわかる! そんなページ…
  4. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第3弾はダメ商材?前倒しベタ足フェースターンの習得

    美しくて飛距離の出るメジャーのスイングが習得出来る!? こんにちわ。 今回は前回の森守洋の「永…
  5. 森守洋の「永久不変のゴルフ理論」第2弾の評判とレビュー。これ買ってはダメなやつ?

    誰でもグン、グーンと2段階に伸びるようなボールが打てるようになる!? さて、今回は当ブログでもイチ…
  6. ゴルフレッスン・スクールはお金と時間の無駄なのか?情報商材を選ぶべき理由とデメリット

    ゴルフはどうやって上手くなっていくのか? ゴルフを上手くなるために何をするのか・・・ …
  7. 【上田栄民】方向性を失わない飛距離アップは購入すべきじゃない?評判とレビュー

    科学的にも証明された、 体の動きを少し変えるだけでヘッドスピードが10キロ近く早くなるための方法…
ページ上部へ戻る